広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

広汎性発達障害(診断済)のヘッポコな女が、好きな映画(主にホラー、B級、カルト映画)や漫画、ブログカスタマイズ、日々思うこと等を綴る雑多なブログです。

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE

たまに毒吐くちゃんグッズ販売中!

たまに毒吐くちゃん黒Tシャツ

TSHIRTS TRINITY

SUZURI

で販売して
います!
価格・送料比較表

たまに毒吐くちゃんラグランTシャツ

女性が強い! B級テイストな映画 おすすめ7選【洋画編】キル・ビル、シン・シティ等

こんにちは! たまに毒を吐くです。

本日は、このブログの背景画像として使用させてもらっていた映画紹介シリーズ第4弾、

女性が強い! B級映画 おすすめ7選【洋画編】

をお送りします。

背景画像

上記画像で言う所の、

12.プラネット・テラー
15.ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ
16.ファスタープッシーキャット キル!キル!

その他、キル・ビル、コフィー、シン・シティ、発情アニマル

をあわせて、全部で7作品をご紹介します(紹介は順不同です)。

ファスタープッシーキャット キル!キル!

セクシー&バイオレンス!
主人公・ヴァーラが凶暴でおっかなすぎる!

ファスタープッシーキャット キル!キル!
出典:Amazon

3人の性悪美女が大暴れ!

胸が大きくて強い女性が好み」というラス・メイヤー監督のフェチ全開な代表作。
1965年の白黒作品ですが、今観てもとてつもないインパクトとセンスを感じさせてくれます。

導入の「Welcome to violence」からのゴーゴーダンが最高にクール!

ファスタープッシーキャット キル!キル!

楽天ブックス

Amazon

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ

ロリ顔の美少女がショットガンをぶっ放す!
無駄なスローモーションの多用もイカす!

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ
出典:Rotten Tomatoes

幼少期のある出来事から口が利けなくなったフリッガ。
大人になった彼女はまたもや不幸に見舞われる……。
フリッガはそれを跳ね除けるべく、己を鍛え始める!

黙々と空手や銃の練習に励むフリッガがなんともかわいらしいです。

一言も言葉を発さないのと、見せ場で黒のロングコートを着ている所は梶芽衣子さんの「女囚701号さそり」を彷彿とさせます。
女囚701号さそり
出典:Rotten Tomatoes

女囚701号さそり」については下記記事をごらんください

女性が強い! B級テイストな映画 おすすめ7選【邦画編】~梶芽衣子、池玲子、杉本美樹~ - 広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

また、「キル・ビル」のエル・ドライバー(眼帯をしている女殺し屋)はこのフリッガがモデルらしいです。
「キル・ビル」エル・ドライバー
Rotten Tomatoes

ゼイ・コール・ハー・ワン・アイ

楽天

Amazon

キル・ビル

ブラック・マンバ、オーレン石井、エル・ドライバー、ゴーゴー夕張……コワくて強い女が目白押し!

Vol.2もいいんですが、やっぱりVol.1のVSゴーゴー夕張、VSオーレン石井、そして青葉屋の死闘はテンションが上がりますね~。

唐突にアニメシーンが挿入されたり、飛行機に乗っている時の空が真っ赤だったりと(「吸血鬼ゴケミドロ」へのオマージュ)、キッチュだけれどオシャレ! というシーンがたくさんあります。

コフィー

ファンクミュージックをバックに、パム・グリアが夜の街を疾走する!

コフィー
出典:予告編

パム・グリア……「ジャッキー・ブラウン」の主演の方です。

若き日のパム・グリアがものすごくキレイでスタイル抜群!
そして気持ちいいほどバンバン脱いで、キャットファイトをして、挙句の果てにはショットガン!
強い女は美しい、を痛感させてくれます。

コフィー

楽天ブックス

Amazon

プラネット・テラー

片脚マシンガン! ブリッジ!
いちいち決まりすぎてて可笑しくなってくる!

プラネット・テラー
出典:Amazon

とにかくカッコいいシーンをやりたいんだ! とばかりに、まどろっこしくなりそうな場面がものすごいはしょり方をされます。

そして本当にカッコイイ場面だらけなのですが、いちいちカッコイイのでなんだかだんだん笑えてきます。

一応ゾンビものなのでちょっとグチャグチャなシーンもあり。
ブルース・ウィリスタランティーノがちょこっと出演しています。

シン・シティ

デボン青木扮する「ミホ」、手裏剣や刀を操る美しき女殺し屋!

シンシティ
出典:予告編

プラネット・テラー」と同じ監督さんです(ロバート・ロドリゲス)。
この映画は全体的には白黒なんですが、一部鮮やかな黄色だったり赤だったりとカラーになっていて、映像的にも面白いです。

話は「シン・シティ」という悪の街を舞台にした3つのエピソードから成り立っています。
その2話目に登場する女殺し屋「ミホ」がまァカッコイイ!
無表情のまま手裏剣や刀で次々に敵を倒しまくります。

他にもミッキー・ロークイライジャ・ウッドジェシカ・アルバブルース・ウィリスなども出演している豪華な映画です。

発情アニマル

ひどい邦題だが、中身も負けず劣らず非道い!

発情アニマル
出典:予告編

前半ひどく滅入ります……。
その前半があるから後半が活きてくるのですが、辛い所があまりにもダラダラ、ネチネチとしつこいので、ちょっと観るのがしんどいかも……。

本当に胸糞悪い映画なので、予告編を観るだけでもいい気がします(おすすめに入れておいてなんですが……しかしボートのシーンが鳥肌モノの名シーンなので、どうしてもご紹介したかったのです)。

原題は「I Spit on Your Grave」……お前の墓に唾を吐く、です。
過激な言葉ですが、そんな気持ちになるのも納得! な展開の映画です。

発情アニマル

楽天ブックス

Amazon

あとがき

キル・ビル」や「シン・シティ」が予算的にB級と言えなさそうなので、「B級テイスト」な映画まとめということにさせて頂きました(中にはどう考えてもB級! というものもありますが、そのへんの線引きが難しいのでふわっとさせています)。

ただどれも女性が強くておっかないのは間違いないです。
おっかない女性が好きな方は是非観てみてください!

▼よかったらこちらの記事もご覧ください!▼

女性が強い! B級テイストな映画 おすすめ7選【邦画編】~梶芽衣子、池玲子、杉本美樹~ - 広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

【80年代邦画中心】おすすめのカルト映画 厳選8作【狂い咲きサンダーロード、追悼のざわめき、仁義の墓場など】 - 広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE