広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

広汎性発達障害(診断済)のヘッポコな女が、好きな映画(主にホラー、B級、カルト映画)や漫画、ブログカスタマイズ、日々思うこと等を綴る雑多なブログです。

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE

たまに毒吐くちゃんグッズ販売中!

たまに毒吐くちゃん黒Tシャツ

TSHIRTS TRINITY

SUZURI

で販売して
います!
価格・送料比較表

たまに毒吐くちゃんラグランTシャツ

プロブロガー・イケダハヤトさんは本当は優しい方なのでは~そして高知と言えば「絵金祭り」がおすすめ

プロブロガー・イケダハヤトさんとは

ご存知の方も多いと思いますが、「まだ東京で消耗してるの?」というブログを運営なさっているプロのブロガーさんです。

まだ東京で消耗してるの?

まだ東京で消耗してるの?

このブログタイトルを初めて目にした時は、「なんと挑発的な……!」と度肝を抜かれました。

東京への一極集中と、そこに住んだり勤めたりしている人たちへの痛烈な皮肉が、この短いタイトルから端的に伝わってきます。

まだ東京で消耗してるのwww」とイケダハヤトさんがせせら笑っている様が、ありありと目に浮かぶようです。

サラリーマンブロガーをこき下ろしたブログ記事が話題に……しかしそれとは別に気になることが

サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗してるの?

イケダハヤトさんのブログはこれまでに何度も炎上しているようですが、少し前には「サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由」という記事で炎上していました。

この記事を読んだ感想としては、極論を言い切ってしまう所がやはりすごいと思いました。
私みたいなビビリ屋がこういうことを書こうとしても、「一概には言えませんが」とか、「あくまで私の考えですが」とか、ちょっと予防線を張ってしまうに違いありません。

それをバシッと言い切ってしまうので、「そこに痺れる、憧れるゥ!」という支持者と、「なんだと~!」と怒る層が真っ二つに分かれて、ケンケンゴウゴウと議論を巻き起こすきっかけになるのでしょう。
問題提起をするのなら、これ位強い論調でもいいのかもしれません。

でも私には、それより気になったことがありました。

イケダハヤトさんは他人に無関心なのだろうか

上の記事の関連記事に、

ぼくが絶対に友だちになりたくないのは、こんな人 : まだ東京で消耗してるの?

という記事が出てきたので読んでみました。するとそこに、イケダハヤトさんの「仲良くなりたい人の条件」がリストアップしてありました。
その一番先頭に、

自分以外の他人に対して基本的に無関心な人 ぼくが絶対に友だちになりたくないのは、こんな人

と書いてありました。

それでは、そう仰っているイケダハヤトさん自身は他人に無関心なのか……というと、私には決してそんなことはないように思えました。

プロブロガーになりたての方へのリンクが貼ってあった

一番始めに紹介させて頂いた記事、「サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由」で、イケダハヤトさんは「応援したくなるブログ」の例として、プロブロガーになったばかりの宮森はやとさんが運営するブログを取り上げていらっしゃいました。

その前に、「ニートのブロガーの方がよっぽど面白い」と書かれているので、「具体例をあげろ」などというコメントが来ることを予想して、先回りして例としてあげたというのもあるのかもしれません。

しかしそれだけでなく、イケダハヤトさんのブログに取り上げられれば、宮森さんのブログを見に行く人が増えるでしょうから、そのアクセスアップ効果を考えてリンクを貼ったのではないかと思うのです。
そこには後輩プロブロガーへの優しさが感じられます。

それと、サラリーマンブロガーの記事にしても、挑発的なブログタイトルにしても、「お前ら、本当にそれでいいのかよ!?」という世の中への熱い思いや憤りが根底にあるのではないでしょうか。

それもやはり他人に関心があるからこそ、そして優しいからこそ、という気がします。

しかしそれを「大きなお世話なんだよ!」という風に感じる方がいるから、炎上してしまうのかもしれません。

イケダハヤトさんもホリエモンさんも「偽悪的」なのかもしれない

以前に、ホリエモンさんの障害者差別発言に関しての記事を書きましたが、

堀江貴文(ホリエモン)さんの障害者差別発言騒動について広汎性発達障害者が感じたことをマンガ風に表現してみました - 広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

この記事では読んだ方に伝わりやすいようにと思いまして、「ツンデレ」という言葉を使いました。

もう少し真面目な感じの言葉で表すなら、ホリエモンさんは「偽悪的」なのかもしれません。
そしてイケダハヤトさんもまた、偽悪的な方なのではないか、という気がしました。

……それとも皆さん、そんなことはハナからご存知で、それでもイケダハヤトさんが煽った風な記事を書いたら、プロレス的に反応しているだけなんですかね?

言わせんな恥ずかしい

……ってやつなんでしょうか?

だとしたら、私はとんだ野暮な奴ということで……どうかお許しください。。。

オマケ:高知のおすすめのお祭り「絵金祭り」と、気になる民間信仰「いざなぎ流」

イケダハヤトさんと言えば高知!
高知には、「絵金祭り

絵金祭り - 絵金蔵 公式ホームページ

というちょっとおどろおどろしいお祭りがあります。

血みどろの浮世絵師・絵金の芝居屏風絵が夜道に飾られ、それを見て回ることが出来るというなんともイカしたお祭りです。

私は数年前に一度見に行きましたが(須留田八幡宮神祭の方)、ろうそくの灯りに照らされた無残絵はものすごい迫力でした!

Web高知−土佐の技−絵金 このページの上から2番目に載っている絵(「花上野誉石碑」)がものすごく怖いんですよ。
よかったら皆様も実物をご覧に絵金祭りに行ってみてはいかがでしょうか。

それと、民間信仰であるという「いざなぎ流」、

いざなぎ流御祈祷(いざなぎ流舞神楽) - 香美市公式ホームページ

これも気になります。

妖怪ハンター」の稗田先生のように、民俗学的に研究したら恐ろしい何かが起こりそうな雰囲気があります。

う~ん、高知、興味深い土地です!

広告を非表示にする
新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE