広汎性発達障害の女がたまに毒を吐くブログ

広汎性発達障害(診断済)のヘッポコな女が、好きな映画(主にホラー、B級、カルト映画)や漫画、ブログカスタマイズ、日々思うこと等を綴る雑多なブログです。

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE

たまに毒吐くちゃんグッズ販売中!

たまに毒吐くちゃん黒Tシャツ

TSHIRTS TRINITY

SUZURI

で販売して
います!
価格・送料比較表

たまに毒吐くちゃんラグランTシャツ

コミュ障が「サブカル好きサークル」のオフ会に参加してあまり馴染めなかった話~それとちょっとだけ村上龍の話~

先日、トモナシさんの上記ブログ記事を読んで、「数年前、私にも同じような出来事があったなァ……」としみじみ思い出したので、それについて書いてみようと思います。

ある日ふと、友達がめちゃくちゃ少ないことに気付いた

私には、友達がいない

……って、確か村上龍の小説「ラッフルズホテル」にそんなような文章が出てきた気がしますが(売ってしまったので確認は出来ず)、私もある日ふとそう気付きました。

いや、私は幸いにも友人が全くいない訳ではなく、片手で数えられる位ですがいるにはいます。
しかし皆学生時代に知り合った友人です。
大人になってからの友人というのは残念ながらいません。

友達が少ないことで特に困ったことはなかったので、そのままでもよかったのですが、

「大人になってからの友達というものは会って何をしているんだろう。
実はものすごく楽しかったりするのだろうか

と思いまして、試しに友達作りをしてみることにしました。

ネットで「大人のサブカル好きサークル」を発見する

いろいろ検索して、「大人のサブカル好きサークル」なるものを発見しました。

「サブカルかァ……ゾンビ映画とかカルト映画好きならいいのかなァ、マンガなら丸尾末広つげ義春諸星大二郎、『デビルマン』とか好きだからイケるかしら……」

と、恐るおそる参加してみました。

すると、ちょうど数日後に高円寺でオフ会を開催することになっているので来ませんか、とのお誘いがあったので、勇気を出してそれにも出席してみることにしました。

高円寺でオフ会

高円寺のサブカル好き……。
なんかめっちゃスゴそう。
ガロ小脇に抱えてそう。

果たして私の浅い知識で、高円寺のサブカル猛者たちに太刀打ちできるのだろうか……とドキドキしながら会場であるレストランバーに向かいました。


実は私が住んでいる所から高円寺はかなり遠いので数えるほどしか行ったことがなく、またお酒が飲めないものですから、レストランバーなどというシャレオツな所にも普段は出入りしないので、ダブルパンチのオノボリさん気分(?)でした。

予約時間の10分ほど前にレストランバーに到着した所、私が一番乗りで、しかも店ではまだ席の準備がなされていませんでした。
待合室的な所で座って席が準備されるのを待ちながら、

「なるほど、大人が遊ぶ時は10分前行動は心がけなくてもいいのだな……」

ということと、

「ものすごく張り切って来ちゃった感じでなんか恥ずかしい

と思った覚えがあります。

高円寺のサブカル人は必ずしもゾンビ好きではなかった

予約時間ちょうど頃になってサークルのリーダー的な方が現れて、それから5、6人ほどのメンバーが矢継ぎ早にやって来ました。
20代~40代位の方たちでした。
リーダー的な男性が、「映画好きなんですか?」と私に話を振ってくれて、

「そうです、ホラーとかカルトとか……、あっ、もちろんゾンビも!」

というような返答をしました。

私は何故だか高円寺のサブカル人たちは皆ゾンビが好きに違いないと思い込んでいて、よかれと思ってそう答えたのでした。

しかし、

「映画は好きだけど、ホラーとかゾンビはちょっと……」

と、予想外に引き気味の反応が返って来ました。

なんか思ってたのと違う

その後村上春樹の話なんかが始まって、ずいぶん昔に読んだ時の記憶を脳の片隅から引っ張り出しながら、

村上春樹……? 村上春樹はサブカルなのか……?
アレは純文学ど真ん中ではないのか。
同じ村上でも村上龍の方がまだサブカル寄りではないか。
コインロッカー・ベイビーズ」面白かったなァ、売っちゃったけど……)

などと心ここにあらずという状態になっていました。

それからお酒が進み(私はウーロン茶)、宴もたけなわになってくると、芸能人のゴシップなどに話題が移っていきました。

別に村上春樹やゴシップを毛嫌いしている訳ではないのですが、わざわざ高円寺まで小旅行気分でやって来てする話じゃないなァ……と少しテンションが下がりました。

そして電車の時間があるため、皆さんが盛り上がっている中、私は一人抜けて家路に着きました。

その後何回かオフ会の連絡がありましたが、一度出席してみてなんとなくどんなものか分かった気になって満足したので、それ以来参加はしていません。

唯一(自分的に)盛り上がった話

村上春樹の流れから、「村上龍はどうですか」と聞いてみた所、クソ映画好きの方がいて、

映画「だいじょうぶマイ・フレンド」はひどい

ということで意見が一致しました。

クソみたいな映画でも話のタネになることがあるのだ、

今は無駄に感じられることも、いつか何かの役に立つ時が来るかもしれない

……と思えるようになったのは収穫でした。

結論

好きなもので繋がろうとしても、好みがピッタリ同じという方は多分いないので、それよりもウマが合うかどうかの方が人付き合いでは大事なのかもしれないです。

あと友人は無理に作るものではないと思いますが、やはりちょっとは「作ろう!」と頑張らないと出来ないですよね。
兼ね合いが難しい所です。

という訳で今でも私は友達がめちゃくちゃ少ないままです。

それと意図せずして、昔ちょっと好きだったけれど、現在はそれほど興味がない村上龍の宣伝(?)みたいな記事になってしまいましたが、これだけは間違いないと胸を張って言えます。

映画「だいじょうぶマイ・フレンド」の「スーパージルバ」という挿入曲はダサすぎて噴飯モノ

これがこの記事の結論です(!?)

広告を非表示にする
新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」
うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE